銀行のカードローンの審査は緩いという噂の真相とは?

住宅ローンに自動車ローン、教育ローンなど日々の生活の中で銀行から融資を受けるというケースはとても多いものと思えます。そして一度でも銀行に融資を申し込んだ事のある方ならご存知だと思われるのが、銀行の審査は厳しい、という事。勤続年数や年収などとても細かく評価されるので、実際に申し込みをしてみたけれど審査に通らなかったという経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし最近よく聞くようになった銀行のカードローンは、上記とはむしろ逆で「審査が緩い」という評判が多いのです。同じ銀行なのにどうしてこうも審査に対して違いが生まれるのでしょうか。銀行は元々、法人に向けた融資を優先していて個人はそれほど開拓されているとは言えませんでした。

 

でも近年、多くの銀行が個人向けのカードローンを提供するようになって、より気軽に利用してもらるように以前と比べると審査を通りやすくしている傾向はあるのかも知れません。また、銀行のカードローンは消費者金融会社と比べて金利が低い事から、利用する側にとってもメリットは多いと言えます。

 

審査が緩くなる理由

消費者金融会社の審査基準は、確実な返済を重視していますので収入の多さなども審査の対象となりやすいのですが、銀行のカードローンの場合は総合的な返済能力の有無を見る傾向にあるようです。そのため、消費者金融会社と比べて銀行のカードローンの審査の方が緩く感じられるのだと思います。

 

勿論、審査が緩いと言っても誰でも審査を通れるわけではありません。返済能力がないと見なされれば落とされますので、十分ご注意下さい。また銀行のカードローンは、消費者金融会社に敷かれてる総量規制という法律の適用外となっています。総量規制とは、年収の3分の1以上の借り入れは行えないというものなのですが、銀行のカードローンは規制外となり年収の3分の1を超える借り入れも可能となっている事も、緩いという言われてる理由の一つと言えるのです。

銀行系カードローンで即日融資をうまく活用するためには?

カードローンの魅力のひとつは、すぐにお金を借りられるというところでしょう。最近は、銀行系のカードローンであっても即日融資に対応している場合が多いようです。

 

どうしてもすぐに現金が必要な場合というのは避けられませんので、その日の内に申し込みから振り込みまでしてもらえる即日融資に対応しているのは助かりますね。さて、銀行系のカードローンで即日融資をうまく活用するのにはどうしたらいいのかを少し考えてみたいと思います。

 

即日融資を利用するためには何時までに申し込む必要があるのか

即日融資といっても、無条件にその日の内にお金を借りられるわけではありません。いくらインターネットの時代になったとはいっても、夜中に申し込んですぐにお金を借りられるかというとそんなことはありません。多くの銀行では13時とか14時までに申し込んだ人を対象として、即日融資をしてくれることが多いようです。

 

午前中に申し込みが終わればその日の内にお金を借りられるのが一般的ですので、もし即日融資を利用するのでしたら早めの行動が大切になります。カードローン会社ごとに即日融資が可能な時間というのは異なりますので、いつか利用するときのために今のうちにチェックしておくのもいいと思います。

 

即日融資ではいくらまで借りられるのか

いくら即日で融資してくれても、必要な金額よりも少なかったら意味はありませんよね。銀行カードローン会社ごとに即日融資が可能な金額というのは異なっていますが、即日融資だからあまり借りられないということも内容です。

 

もっともカードローンというのは最初から好条件で利用できるわけではなく、使い続けることによって実績が積み重なっていくのが一般的ですので、あまり過度な期待はしない方がいいかもしれません。とりあえずはカードローン会社のウェブサイトで仮審査を受けてみることをお勧めします。数秒から数分程度で仮審査は終わりますので、まずは利用してみてください。

キャッシングを利用するさいの一連の流れ

キャッシングでは申し込みから始めて返済を終えるまでに、大きく分けて5つの段階があります。その流れを詳しく見ていきましょう。

 

キャッシングを利用する会社を探す

キャッシングのサービスを提供する会社には、銀行系と消費者金融系の2つがあります。このうち銀行系は審査の内容が厳しく、かかる時間も長くなります。逆に消費者金融系では審査は緩めで、かかる時間も短く済ませることができます。

 

ただし銀行系はその分金利が低くなり、消費者金融系では高めの設定となっています。また、これらはあくまで大きな傾向であり、消費者金融系だからといってかならず審査を通ることができるわけでもありません。利用限度額も変わってくるので、自分の目的や利用方法によく合った会社を選ぶようにしましょう。

 

申し込みを行う

申し込みの方法としてはおもに、電話、インターネット、店舗を訪れる、といった3つの手段があります。

 

・電話の場合
 申し込み → 審査 → 契約書類およびカードの郵送 → 契約書類の返送 →借り入れ
・インターネットの場合
 申し込み → 審査 → 必要書類の画像をメールに添付 → カードの郵送 → 借り入れ
・店舗を訪れる場合
 申し込み → 審査 → カードの郵送 → 借り入れ

 

それぞれどれを選んでも結果は変わりません。自分にとって便利な方法を選びましょう。特に最近は、営業時間を気にする必要がない、また直接店員と話す必要がないといった理由から、インターネットによる申し込みが多くなっているようです。いずれの方法を選ぶにしても、身分証明書や所得証明書を提出することになるので、すみやかに手続きを済ませるためにも、あらかじめ準備しておくようにしましょう。

 

審査を受ける

審査の内容はおもに、収入や財産、そして過去にどのような借り入れを行っているか、といった点から返済能力があるかどうかを判定されることになります。これによって利用限度額も決まり、通過することで実際にお金を借り入れすることができるようになります。基本的には、返済の遅延や自己破産、債務整理といった事実さえなければ、主婦やフリーターでも通ることができるのであまり心配する必要はありません。

 

借り入れを行う

借り入れの手段としては、指定口座への振り込み、あるいは提携ATMから直接引き出すなど、自分にとって便利な方法を選ぶことができます。

 

返済を行う

借り入れと同じように、指定口座への振込や提携ATMでの支払い、あるいは口座からの自動引き落としなど、さまざまな方法を選ぶことができます。ただし会社や商品によってその手段も限られてくるので気をつけてください。

 

とにかく大事なことは、返済期日をしっかり守ることです。仮に返済が遅れてしまうと、遅延損害金が発生してしまいます。また利用者への連絡が行われ、それに応じないでいると勤務先まで連絡が行く場合もあります。さらに応じずに3ヶ月以上経ってしまうと、金融事故としてその情報が記録され、各金融業者間で共有されるのでそれ以上ローンを組むことも難しくなってしまいます。

 

このように、一連の流れの中でも段階ごとにさまざまな方法を取ることができます。そのときどきで自分にとってもっとも良いものを選択し、うまくキャッシングを利用するようにしましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日